郵便物の転送も可能

郵便物の転送も可能

郵便物の転送も可能 企業を最初に立ち上げたときに便利に使えるバーチャルオフィスには、住所をビジネスに有利な都市部にするといったことだけでなく様々なオプションサービスも用意されています。
そしてその中でも多くのバーチャルオフィスで用意されているのが郵便物の転送サービスです。
では、これはどういったものなのでしょうか。
バーチャルオフィスでの郵便物の転送サービスでは、まずは届いた様々なものを一旦保管しておいてもらえます。
さらにそれを一定間隔事に指定した場所へ送ってもらえるのです。
これは実は事業においては欠かせないものであり必須のものと言えます。
というのも立ち上げた企業の所在地をバーチャルオフィスとして始め会社登記に使ったり、公式Webページや名刺に載せると様々なところから様々な物が次々と届き始めるからです。
これらの中には事業にとって非常に重要なものが含まれていることが多いので、このサービスは欠かせないものと言えます。
またこういったサービスではダイレクトメールなどの不要物を予め指定しておくことで廃棄してもらえるというオプションがついていることもあるので非常に便利です。

バーチャルオフィスでは郵便物の保管もできる?

バーチャルオフィスでは郵便物の保管もできる? バーチャルオフィスの住所宛に届いた郵便物や荷物について、すぐに取りに行く必要があるのだろうかと心配な方もいらっしゃるでしょう。
バーチャルオフィスでは、届いた郵便を指定の住所宛てに転送するサービスや、一定期間保管してもらえるサービスなどがあります。
国内外の出張や旅行などで不在がちの方にとって便利なサービスです。
運営会社によって有料のところと無料のところがありますので、様々なサービスとトータルの料金を考慮して、自分に合った運営会社を見つけることが重要です。
郵便物の預かりについても運営会社によってルールが異なるため、利用前に比較して自分のやりやすい方法でサービスしてくれる会社に決めると安心です。
ただし全ての郵便を受け取ってくれるわけではありません。
本人確認書類などが必要なものや裁判所からの特別送達などは、本人でなければ受け取れないため、代理受け取り・転送・保管ができないので注意が必要です。
また、生ものや生き物、植物などもほとんどのバーチャルオフィスで受け取ることができません。

新着情報

◎2018/8/6

郵便物の転送も可能
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

バーチャルオフィスに届く書類
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

よくあるトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/9/1

利点と会社の情報
の情報を更新しました。

◎2017/7/5

バーチャルオフィス
の情報を更新しました。

◎2017/6/7

サイトを公開しました

「郵便 転送」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Rima87201323 わろたw 郵便局で転送届とか出さなきゃw

証券口座の住所、そろそろ変えておかないと、郵便転送されるからいいけど、トミカが宅配で来たら困るぞ

Twitterkakkun61 @技術書典5 か61@kakkun61

返信 リツイート 19:00

どうやら手続きをする郵便局では転送先の住所が正しいかまでは確認しないらしく、すでに別の郵便局に記入用紙が発送されていてわからなかった。2、3日後に発送先に連絡するよう指示を貰ったので待ってみる

郵便物の転送申請をしてきたが転送先の一部に記入漏れがあった気がして確認しに行ってきた(たぶん町の後の地名忘れた)

返信先:@pedoropopemi 色々聞いてみたのですが、やっぱり日本に協力者が必要ですね。郵便物の転送はともかく、受け取れる場所がないとですから。 あとはPay-easyが払える環境 あれは海外からだと無理なのかな

住所変更抜けてた😭郵便局だから転送されるはず #新潟 #プレミアムシート #yahooチケ

Twitter(´・J・`)ハム子(∵)@maxlove0929

返信 リツイート 17:13

毎日届く膨大な郵便物。郵便局に依頼して旧住所宛に届くものについても転送の手続きをとっておりますが、日々やり取りをするものに関しては移転から数日でかなりの取引先が新住所へ送ってくれるようになりました。事前に通知等送付していますが、私達のことを見て頂いているのだなと嬉しくなります。 pic.twitter.com/fdV4jp3YVa

Twitterやっちゃばおじさん@豊洲市場青果部@yacchabakeiri

返信 リツイート 16:37

転出届と郵便転送届出完了

郵便物の無断転送に対する慰謝料】 原告は、郵便局に無断で転居届を提出されたために、自己宛の郵便物を受け取ることができず、プライバシーが侵害され、精神的苦痛を被ったとして、仙台地裁は平成19年12月26日、被告に慰謝料20万円を支払うように命じる判決を下しました。

郵便物母親に逐一検閲されるのだけど、籍を金沢に移せないので転送できませんね。うーん。